ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  告知・呼びかけ  »  「就活ぶっこわせデモ」宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「就活ぶっこわせデモ」宣言

【「就活ぶっこわせデモ」宣言】

 私たちは「就活ぶっこわせデモ」実行委員会である。「就活ぶっこわせデモ」実行委員会一同は少なくとも今の「就活」のあり方に堪えることが難しいという一点で一致して集まった。私たちは「就活の早期化と肥大化」によって大学生をはじめとする、多くの人々の社会生活が「就活」に侵食されている現状に異議を申し立てたい。そのために、来たる11月23日(水・祝)の勤労感謝の日に、東京・新宿で「就活ぶっこわせデモ」と題したデモを行う。その異議申し立てのデモを行うに当たり、まずはこのデモの方向性を明らかにしておきたい。すなわち、「就活」に対する個々人の考え方や、その具体的な要求は異なっているとしても、このデモへの参加者が少なくとも共有しうる最低限の要求項目を、次に述べたいと思う。


<最低限要求項目>

 私たちは、「就活」によってもたらされている、現在の閉塞状況を打破するために、行政・企業・教育機関が相互に連携して、下記の要求に基づいて行動することを望む。


一、「就活の早期化と肥大化」を防止するために、「就活」が学業及び社会生活に与える影響を最小限にするような法的・制度的枠組みを構築すること。


二、教育機関や企業は、これから就業について考える人々に対して、「就活」に対する不安、ひいては生きることに対する不安を、不用意に煽らないようにすること。


三、特定の企業の短期的な利益よりも、社会全体の長期的な利益が向上するような展望を持ち、持続的な就業の仕組みを作ること。


四、企業は労働条件・採用条件等の情報を明確に開示すること。またその情報が就業を望む人々に対して、十分に伝わるような公示システムを構築すること。


五、企業は「就活」に臨む人々の採用に際し、特別な事情を除き、身体的諸特徴、年齢、性別といった、就業の条件・労働内容に直接関わらないような個人の特性によって、不当な扱いをしないようにすること。


六、経済的格差や政治的差別が、「就活」及びそれに関わる教育制度において、不利に働くことのないように、制度の向上を図ること。


七、行政は企業に対して、適切な監視・監督を行い、不正が発覚した場合には、必要な措置・処罰・対処を速やかに、かつ厳格に実施すること。また、企業の不正によって被害・損害を受けた個人や集団に対し、適切な支援を行うこと。


八、望んでいたにもかかわらず、何らかの偶発的な事情で就業を諦めざるを得なかった人々に対し、経済的な保障及び精神的な支援を行うとともに、再び就業に向かう際の障壁が最小限になるような制度構築をすること。


九、就業を意図する人々が、可能な限り自身の選択の幅を自ら広げられるような積極的な制度構築を行うこと。


十、上記の制度の改善・構築は、それによる将来の就業の仕組みにおいて、より不利な立場に置かれる人々に最大限配慮しつつ、社会における特定の層が極端に有利、または不利になることのないよう、公正を期して設計されること。



以上十項目


 私たちは就活の現状に疑問を感じ、上記の項目の方向性を少なくとも共有できるような個人に対し、「就活ぶっこわせデモ」への参加を呼びかけたい。また同時に、社会の構成員たるあらゆる人々が、この「就活ぶっこわせデモ」を契機として、「就活」の問題に対して、広く議論を起こし、真剣に向き合い、共に考え、そして行動していくことを願う。


「就活ぶっこわせデモ」実行委員会一同








追記

※「宣言」においては「就業」と「就活」を明確に区別しています。「就業」とは、単に何らかの職業に就くことを指します。新しい職を自ら作ったりすることも含みます。それに対して、「就活」はあくまで現在一般的とされる就業の仕組みの一形態です。現在の「就活」システムというのは大卒、とりわけ新卒が極めて優遇される就業形態です。

※ここで示されているのは、あくまで「最低限」の項目です。これまでも強調してきたように、「就活」や就業に関わること、さらには生き方といった面では、現在のところ実行委員の中でも統一見解は持たないことになっています。デモの参加者もまた同様です。具体的に「〜に反対」「〜の点はおかしい」ということに関しては、実行委員、及びデモ参加者の個々人の主張を制限しません。

※「就活ぶっこわせデモ」は個人による集まりです。政治団体の、政治団体としての参加はお断りしています。

Comment
特になし。
頑張れ。日本変えてくれ。
ようやく
まともに主張出てきたな
とりあえずこれで議論できる土俵にあがれたんじゃねーの
まぁそれでも多分色々批判はくると思うけどな

今まで散々批判してきたけど何がしたいかようやくわかったし満足した
就活終わった身だけどやっぱ就活はおかしいと思うよ
あとは継続的に活動すんのと、主張が洗練されるよう頑張ってくれ
やっと主張が出て、スタート地点に立ったんじゃないですか。
今までは「今の世の中はおかしい」って言ってるおじさんと
変わらないレベルだったわけだし。
何かまだフワフワしてるといえばしてるけど。
具体的な例がないからね。
これから一個ずつ噛み砕いていければいいんじゃないかなと思う。
質問
1、『社会生活が「就活」に侵食されている』とありますが、就活も立派な社会生活の一つだと私は考えるのですが、これは私生活が侵食されているという解釈でよろしいでしょうか。違うのであれば、社会生活をどのように定義されているのか教えて下さい。

2、これら十点のほとんどが既に法制化されている事柄なので、『法が的確に運用されていない』という不満の発露だと受け取りましたが、要求は企業の意識改革と法の厳格運用と解してよろしいでしょうか。


「就活のシステムを変えたい」という当初の意気込みに比べると、今回示された内容は大分トーンダウンしているように感じます。
やっとまともな意見が出てよかったです。いままで何がしたいのか正直サッパリだったので…

問題点は多々あるかと思いますが、あとは寄せられる意見を一つ一つ考察して行けばいいんじゃないですかね


四、派遣を雇わず社員を増やせということか?
派遣涙目な要求だな。
五は若者だけに適用するわけにもいかないものだが、ますます新卒の就職率が低くなるだけではないのか。
これだけでは学歴不問にしろ、とも解釈出来る。

人によって捉え方が様々になるから、もう少し揉んでほしいかな。
委員会のメンバーって何人いるの? 一人なの?
一、「就活の早期化と肥大化」を防止するために、「就活」が学業及び社会生活に与える影響を最小限にするような法的・制度的枠組みを構築すること。
 
 例えば、「全国統一就職試験」なんてのを想定しているのでしょうか。筆記試験は可能であっても、人物を見定める面接試験を行おうと思えば、今と変わらぬ状況しかならないのでは。難関大学にも「ぶっ壊れた人物」がいるので、そういう人を排除するのが今の企業の採用活動なのでは? だから今の形態は消去法で生まれたんだと思いますけど。


二、教育機関や企業は、これから就業について考える人々に対して、「就活」に対する不安、ひいては生きることに対する不安を、不用意に煽らないようにすること。

 現実を教えると結果的に不安を感じる場合はどうするのかなぁ。うそ教えたら不安にならない学生もいるかもしれませんね。少数でしょうが。


三、特定の企業の短期的な利益よりも、社会全体の長期的な利益が向上するような展望を持ち、持続的な就業の仕組みを作ること。

 空想社会主義のことかなぁ。


四、企業は労働条件・採用条件等の情報を明確に開示すること。またその情報が就業を望む人々に対して、十分に伝わるような公示システムを構築すること。

 労働契約法のことじゃないのかなぁ。


五、企業は「就活」に臨む人々の採用に際し、特別な事情を除き、身体的諸特徴、年齢、性別といった、就業の条件・労働内容に直接関わらないような個人の特性によって、不当な扱いをしないようにすること。

 障害者の一部に欠落条項があることを除けば憲法で保障されているんじゃないかなぁ。


六、経済的格差や政治的差別が、「就活」及びそれに関わる教育制度において、不利に働くことのないように、制度の向上を図ること。

 「政治的差別」って何のことかわかんないけど、貧乏な家に生まれても、奨学金で早稲田を卒業予定の人が立派に大企業の内定得られている場合もあるんだから現状でも良いんじゃないのかなぁ。


七、行政は企業に対して、適切な監視・監督を行い、不正が発覚した場合には、必要な措置・処罰・対処を速やかに、かつ厳格に実施すること。また、企業の不正によって被害・損害を受けた個人や集団に対し、適切な支援を行うこと。

 労働関連だったら、労働基準監督署があるんじゃないのかなぁ。

八、九、十

 七も含めてだけど、様々な雇用、労働に関する法律・施策が現状でも存在するので、それらのどの部分を変えるかを「ぶっこわせ」デモの人達は正確に指摘する必要があるんじゃないの? もしかしたら、制度や法律を知りもしないのにデモをやろうっていうのかなぁ。問題提起したいとか最初のうちは言ってたけど、要は調べるのも嫌。とにかく自分が現状で不利な状況だけを何とかするために、ぶっこわしたいとか言ってるんじゃないの? まるで子供だなぁ。こうして一から十までの主張をあらためて見ると、どれ一つとってもまともな主張はないってことだ。
1~2.国や企業や教育機関は「ホワイト企業イス取り合戦」の現状を何とかしろ。
3.企業は使い捨て前提の大量採用をするな。
4.ブラック企業は最初からそういってくれ。
5.ルックスがイケてないとか留年を理由に不採用にしないでくれ。
6.今の就活は金持ちに有利過ぎ。何とかしてくれ。
7.国は3~5みたいな点で企業が不正をしてないかちゃんと監視してくれ。
8.内定あったけど色々合って留年しちゃった人に手厚い救済措置を。
9.ぶっちゃけホワイト業種少な過ぎ。ブラック
ばっかりで選択肢なさすぎ。
10.学歴と金と時間が重要なファクターを占める現状を何とかして欲しい。

これで合ってる?
10.
新卒、既卒の差があるのは私は納得はいかないです。


でもあなた達みたいな学園祭の延長のデモに参加するなら、今の現状従って就活した方がまし。

要望
批判を受け止め、みなさんで話あって上記10の要望にまとめた努力と労力は大変なものであったろうとご察しいたします。
実現まではまだ大変なことがあるかと思いますが、頑張ってください。


最近の記事を読んで、感じたこと、要望を書かせてください。

①10の最低限要求項目をもう少し具体的に

「就活が理不尽 ⇒ デモを起こし社会を変える」というのがデモの発端だと思うのですが、何が理不尽がまだピンときません。

具体例があればあなた方の感じた就活の理不尽さを理解できると思ってます。

今のままでは、例えば
『娘の大事なピアノの発表会の日』と『小学校の運動会の日』が重なったから、運動会の日を変えてくれ! って学校に文句いっている親御さんと同じ印象です... (何が理不尽かわからないので...)

②ときおり、ブログやTwitterで
 『デモ当日が楽しみです』という表現を見かけるのですが、『デモ』に対して『楽しい』という表現をするのはやめて頂きたいです。

 実際やってみると事実、非日常的で『楽しい』と感じるのかもしれませんが、少なからず迷惑被る人や不快に感じる人が一般の方にいるはずなので、『楽しい』という表現は避けて頂きたいです。
 真剣に活動していれば、デモによる社会へ与える負の影響を考慮して、『楽しい』という表現は使わないはずだと思います... 正直、違和感がありすぎて...

以上です。
長文失礼いたしました。
きちんとやればできるじゃないですか
今までは具体的な事を書いていなかったですが、きちんとしたものが出てきたじゃないですか。
賛同できるものもありますし、出来ないものもあります。でも主張が明確に示されていいと思います。
これから頑張ってくださいね。
結局具体的な内容書くの?
前は「困ってることを伝えたいだけで、具体的にいろいろ考えるのは専門家の仕事だから自分たちは何もしません」
じゃなかったっけ?

矛盾だらけのデモなんか今すぐ止めろ、恥ずかしい。
本気でやってないだろ。
あなた方の中に労働関係の法律を理解している人はいないの?
また、デモなどの社会運動の方法について教えてくれる人はいないの?
この記事の前の記事で呑みに行った話とかトンチキな事書いているけど、自分の生活がかかっているとは、全く感じられません。
本気でやっていないのなら活動は無意味になりますよ。
ケータイからコメントだけ読みたい時に、本文を開いて下までスクロールするのが手間です。
タイトル横にコメントのリンク出るようになりせませんか?

こういう提言するくらいだから、税率上げるのはもちろん賛成なんだろうなぁ。
復興財源確保で税率上げる話もあるのに、もっと上げる気かよ。
経済的な保障は、バイトで収入確保出来る健康体は貰えないだろうけど。
ナマポもらってる奴がグダグダ理由つけて、更なる支援をもらう可能性もある。
もちろん届け出したらすぐ貰えるってもんじゃない支援の『望んでいない』『偶発的』の判断は誰が?
役者か?
働ける身体なのに働く気なくてナマポで生活してる奴もいるくらいだから、虚りの理由で支援もらえそうな予感。
というか、ナマポと大差ないんだが。
偶発的とは内定貰えなかったケースもあるの?
何社か受けたけど、内定貰えない!就活楽しくない!やーめた!って奴も支援してもらえるの?

提言するのはいいがあらゆる可能性を想定してくれ。
メリットばかり都合よく考えすぎで、デメリットは全く考えてないのだろうか。
働いたら負け制度だろ、こんなの。
すみません。
『役者』じゃなくて『役所』でした><
長ぇよ
つまり、
「4年間めいっぱい学業バイトサークルに打ち込みたいでござる!」
「就活は大学を卒業してから一斉にヨーイドンして既卒3年以内ならどの年で就活しても新卒扱いにしてくれ」
ってこと?

あと、このブログ「早大生なのに優良な働き口が無いのは世の中間違ってるからだ!」的なオーラがパない。
上記のほとんどが特定の層に極端で有利で、または不利な主張なんだが。
矛盾しまくりだわ。

不正を行った企業を罰する法律はあるが?
企業から不当な扱い受けたら、個人的に慰謝料を求める民事訴訟を起こせばよい。
その権利はある。
なぜ支援になるんだ?
呆れ果てた。

社会に全く役立たないウンコ製造生物の分際で
「就活してやるからスーツ代と交通費よこせ」
だろ?これ。
ホームラン級のバカだな。


> 一、「就活の早期化と肥大化」を防止するために、「就活」が学業及び社会生
> 活に与える影響を最小限にするような法的・制度的枠組みを構築すること。

バカ。就活なんて学生が勝手にやってるだけ。企業側はそれに合わせてるだけだ
ぞ。大学選び自体が、より良い職を得るため、より希望に近い職を得るための活
動だろうが。


> 二、教育機関や企業は、これから就業について考える人々に対して、「就活」
> に対する不安、ひいては生きることに対する不安を、不用意に煽らないように
> すること。

アホか。ぬるすぎる。ゆとり脳もいい加減にしろ。
普通の競争社会が存在するという単純な事実を勝手に不安になってるだけだろ。


> 三、特定の企業の短期的な利益よりも、社会全体の長期的な利益が向上するよ
> うな展望を持ち、持続的な就業の仕組みを作ること。

それが今の仕組みだよ。ゆとり脳のホームラン級のバカを大量雇用する方が
あっさり社会も企業も沈没だよ。


> 四、企業は労働条件・採用条件等の情報を明確に開示すること。またその情報
> が就業を望む人々に対して、十分に伝わるような公示システムを構築すること。

自分で調べろバカ。待ってれば教えて貰えるとでも思ってるのか?
企業だって競争なんだよ。「競争他者よりウチの方がブラックです」なんて言っ
て欲しいのか?バカだろ?良いことしか言わなくて当然だろ。競争してんだよ。


> 五、企業は「就活」に臨む人々の採用に際し、特別な事情を除き、身体的諸特
> 徴、年齢、性別といった、就業の条件・労働内容に直接関わらないような個人
> の特性によって、不当な扱いをしないようにすること。

じゃぁもう、ゆとり世代は今よりもっと採用されなくて良いわけだね。
普通に中途採用と競争したらゆとりなんて就職率1割くらいになるよ。


> 六、経済的格差や政治的差別が、「就活」及びそれに関わる教育制度において、
> 不利に働くことのないように、制度の向上を図ること。

要するに就活してやるから、交通費とスーツ代出せよ、と言ってるわけでしょ。
呆れるよ。どこまで図々しいんだ。


> 七、行政は企業に対して、適切な監視・監督を行い、不正が発覚した場合には、
> 必要な措置・処罰・対処を速やかに、かつ厳格に実施すること。また、企業の
> 不正によって被害・損害を受けた個人や集団に対し、適切な支援を行うこと。

自分達はロクに勉強もせず、社会に役立とうともしないのに、要求ばかり。アホか。
お前らが社会に役立つならば就職活動なんて一瞬で終わる話なんだよ。


> 八、望んでいたにもかかわらず、何らかの偶発的な事情で就業を諦めざるを得
> なかった人々に対し、経済的な保障及び精神的な支援を行うとともに、再び就
> 業に向かう際の障壁が最小限になるような制度構築をすること。

お前らは障害者か何かなのか?
障害者雇用制度はあるんだよ。

ゆとり=知的障害者、でいいんだな?


> 九、就業を意図する人々が、可能な限り自身の選択の幅を自ら広げられるよう
> な積極的な制度構築を行うこと。

既に充分に職業選択の自由は保証されている。
これは、社会に役立って対価を得ることができる作業、という範囲の中での話だ。
何の役にも立たないウンコ製造生物が、「この職じゃいやだー」なんてワガママ
抜かすな。だったら勝手に餓死してろ。


> 十、上記の制度の改善・構築は、それによる将来の就業の仕組みにおいて、より
> 不利な立場に置かれる人々に最大限配慮しつつ、社会における特定の層が極端
> に有利、または不利になることのないよう、公正を期して設計されること。

既に充分公平。
お前らが不利なのは勉強しなかった、社会に役立つように育たなかった、それだけだ。

この大不況の中、どの企業も必死。だからこそ「役立つ」ヤツはすぐ採用されるんだよ。
そういう当たり前の社会の構造を無視して、社会的に無価値なウンコ製造生物が
何言ってるんだ。
未だ具体性に乏しい
項目がこれとして、その要求の一つ一つに対して具体的に陳述する根拠資料を公開して頂けないでしょうか。
「なぜ」が示されず、「どのように」の方向性も漠然的。
現状から目標地点までをいちいち説明しなくては、第三者へはきちんと伝わりませんよ?

さて、要求項目を読ませて頂いて感じたことを、以下に記します。


一、まず、現在の就活形態によりどのような影響が出ていて、どのような法的・制度的枠組みを構築すればその影響を最小限にできると考えているのか、具体的に明示して頂きたい。

二、教育機関や企業が、就職希望者に対し不用意に不安を煽ったとする事実について、具体的事例数点を明示して頂きたい。

三、これはどういう企業に対して向けられたものなのか、補足して頂きたい。いわゆるブラック企業について言及しているのだとしたら、それは問題の本質が大きく異なり、このデモ活動で取り上げる内容としては不相応と考える。

四、どの程度の開示を求めているのか。そもそも入社後の労働内容は配属される部署によって全く状況が異なり、一律に明示できるものではない。また、求人情報の採用条件は、条件を満たす者の採用を保証するものではない以上、就活の現実は変わらないと推測する。

五、どのような事例を救済しようとしているのかがわからない。これは具体的事例以前に、もっと絞り込んだ表現にしないと伝わらないのではないか。

六、経済的格差はともかく、政治的差別による不利とは何を指しているのか実例を求む。経済的格差にしても、それがどのように不利に働いているのか、実例を挙げた上でどのように改善して欲しいのか明記して欲しい。

七、労働基準監督署では不足なのか。不足とする場合、どのように改善すべきと考えるのか。企業の不正により被害・損害を受けた者に対する適切な支援とは、具体的にどのような内容を示唆しているのか。

八、これは生活保護の受給を容易にしろとの意味でよいのか。偶発的か否か誰が判断するのか。経済的保障が実現した場合、虚偽申告により就業せずに経済的保障を受給せんとする者が多数発生すると考えられる。悪法になり得ると指摘する。

九、職業選択の自由は保障されているが、それは希望する企業への採用を保障するものではないし、雇用は民事契約である為、企業にも人材を選択する権利がある。空求人を問題にしているならば、要求文が示している範囲が漠然としているため、フォーカスが必要。前提として、現状の問題点や改善の方向性が示されてない点が問題。

十、あまりにも漠然としすぎている。何をもって有利不利とするのか示されていない上、受け取り方によっては『企業は事業計画上必要ではない求職者も採用せよ』という無理に見えなくもない。求職者の利点ばかりが先行し、それが実現した際の危機予測が不十分ではないだろうか。

以上。


ディスカッションばかりでなく、ディベートはされていますか?

求人側の問題点にばかり目を向けられていますが、求職者の問題点にも目を向けられてはいかがでしょうか。
そうすれば、現実的な落としどころが見えてくるでしょう。

視点を一つ反対側に置くことで、あなた方の主張の論理性や実現性が増すことにつながります。
正直、この内容では勝負をかけるにはまだ拙速であると感じます。
恐らく、(誰を相手にしているのかわかりませんが)あなた方主張は容易に跳ね返されるでしょう。

もっと、要求内容を練る必要があります。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

「就活ぶっこわせデモ」実行委員会 (就活デモ@東京)

Author:「就活ぶっこわせデモ」実行委員会 (就活デモ@東京)
 こちらは2011年「就活ぶっこわせデモ」のブログです。私たちは2011年11月23日(水・祝)、勤労感謝の日に「就活ぶっこわせデモ」を実施致しました。当日はたくさんの方々にご参加頂き誠にありがとうございました。実行委員一同より厚く御礼申し上げます。
 このデモを通じてより多くの方々に就活を巡る問題について考え議論する機会、あるいは就活に疑問を持つ方々が改めて自分の意見を主張する場を提供できたのであれば、それだけでもこのデモを行った価値はあったものと私たち実行委員は考えております。

 さて、2011年市井の皆様を度々お騒がせしてきた「就活ぶっこわせデモ」ですが、2012年1月18日の対談イベントを最後の活動とし、我々就活ぶっこわせデモ実行委員はひとまず解散致します。ご協力下さった関係者各位の皆様方には、この場を借りて厚くお礼申しあげます。本当にありがとうございました。
 今後就活問題に関する活動は「就活生組合」がその任を担っていく予定でございます。よって今後の活動ついてのご質問、及び取材依頼等のお問い合わせは、「就活生組合」方にお願い致します。


就活生組合

http://www.shukatsu-union.org/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
Twitterの更新
「就活ぶっこわせデモ」のTwitterです。
どんどんつぶやいていきます。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。