ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  「ここが変だよ、日本の就活」&賛同メッセージ  »  投稿④(「ここが変だよ、日本の就活」)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿④(「ここが変だよ、日本の就活」)

「シューカツ経験者」の方からご意見いただきました!

【「ここが変だよ、日本の就活」】
 何故大きい企業、有名な企業を目指すかというと結局のところ、「食っていくため」「安定した生活を送るため」「親を安心させるため」「その企業に所属しているという満足感を得るため」というのが大部分を占めるはずなのに、胡散臭い自己PRをキラキラした笑顔で語らなければいけないというのが苦痛でしょうがない。

会社説明会の質疑応答の時間に「○○大学の××です。本日は貴重なお時間をありがとうございました」などと切り出し、説明会のために投入されたであろう採用には直接関わらなさそうな若手社員にイタい自己PRを織り交ぜた質問する学生などを見ると吐き気がしてくる。

新聞で読んだ記事だが東北大震災のボランティアを申し込んできた学生が「ボランティア終了後、証明書のようなものは発行されますでしょうか?」と尋ねてきたそうだ。就活で使用したいらしい。

とりとめの無い内容になってしまったが「学歴×コミュニケーション能力×突出した自己PR」が変な方向にインフレを起こしてしまっている現代の就活事情が気持ち悪くてしょうがない。

シューカツ経験者




投稿ありがとうございました!(実行委員会)

※「ここが変だよ、日本の就活」&「就活ぶっこわせデモ」賛同メッセージは下記のフォームから募集中です。
↓↓
「ここが変だよ、日本の就活」&「就活ぶっこわせデモ」賛同メッセージ・送信フォーム


Comment
>何故大きい企業、有名な企業を目指すかというと

社会的信用のためだろ?お前はどんな豪邸に住んでいるんだ。
胡散臭い自己PRは自分を企業に売り込む営業トークだろ?
それが嫌なら別に活用しなくてもいい。
何が問題かといわれたら、胡散臭い自己PRを言わなきゃいけないなど
学生自身が言葉やテンプレに囚われすぎていることが問題だろ
そこは貴方自身がよりよい方法を模索すべきことだろ
ボランティア証明の話は必要か?
ボランティア経験有りは就活に有利なのは事実である。
きっかけや理由は何であれ、従事して人の為になって、感謝している人がいるのであれば否定は出来ないわ。
ボランティア証明の話は必要か?
ボランティア経験有りは就活に有利なのは事実である。
きっかけや理由は何であれ、従事して人の為になって、感謝している人がいるのであれば否定は出来ないわ。
???
これは…社会構造のせいですか?

・大企業を選ぶ理由
⇒私の場合は、より多くの人間と関わることができ、その方が成長できると思ったから。

・胡散臭い自己PRをキラキラした笑顔で語らなければいけない
⇒胡散臭いかどうかは人それぞれ。私は、考えに考えた末、当時の自分の中で自分の良いところを最大限に表す自己PRを作れた。自分で納得してたから自分としては胡散臭くなかった。

・イタい自己PRを織り交ぜた質問する学生
⇒ただの本質をつかんでないアホでは?それこそ前の記事で『失敗から学びましょう』っていう内容があったが、その学生も成長途上であれば、行動した分アホでも素晴らしい気がする。
(あまりいい表現でなくてすみません。)

・ボランティアの件
くだらないですね... でも社会構造のせいではない気がする...その人がおかしいのです。


◇これって就活に限った話じゃないと思います。かわいい女の子を口説くために、拙い口説き文句(自己PR)や慣れてないおしゃれ(ボランティア)をしてる人と同じなのでは? 
就活では、それが公の場になって人目につきやすいだけですって。 けっきょく、自己の問題ですよ。

◇『不適切な採用をしている企業があるかもしれない』からチェック機構をもつ中立な立場の組織がいるかもしれない! みたいなことが就活デモの意義だと最近思ってました。 しかし、上記のように、完全に個人の問題を投稿でとりあげると、私の解釈は違うみたいですね。多少期待してましたが残念です。

長文失礼しました。



焼肉の生焼け理論
肉(学生)はちゃんと焼けたほう(ゼミ・研究室に配属されてから少し経ったくらい)が美味しいのはみんなわかってるけど、企業は少しでも早く優秀な学生を確保しようと生焼けのまま手を出しちゃう。
学生はこれからの配属先を考えるよりも先に「大学生活を通して何を学んだか」みたいな自己PRを要求されるから、マニュアル本便りの痛いPRになる。
就活ビジネスにとって合同説明会はドル箱産業なので採用が早まる傾向は大歓迎。(大手有名企業には格安でスペースを提供し、無名企業には「あの大手の○○社も出展します!優秀な学生確保のチャンスです!」と煽り通常料金でスペースを売りつけ就活マネーがっぽりウハウハ)

もうどうにもならんね。
ボランティアねぇ・・・
今年までなら通用するかな。
次の年の就活本で大企業に内定した学生が「面接ではボランティア経験のことをアピールしました」なんてドヤ顔で語ってたらそのネタは賞味期限切れ。
面接もエントリーシートも被災地ボランティア経験ありの勘違い学生でいっぱいになる。

「勝利の方程式」は有象無象の「敗北の方程式」と化す。
なんか揃いも揃って小物臭が半端ないんだが。

そりゃPRする事もない人生を送って来たんだから就活も大変だろうよ。

問題なのはそういう個人的背景に左右される事じゃ無くて、本当にシステムの問題で不利益を被っているものを保護するかってことだろ。ただ、全ての人間に都合の良いってのはなかなか難しい。そのメリットとデメリットを考察してどうして行くべきか考えるべきはずなのに、ただただ文句を垂れるだけ。

>「この年で人生決めなきゃならないのはおかしい」と思いませんか?

22にもなってアホかと。小学生か。
大学進学率はほぼ50%。

大学進学しない残り50%は18前後で人生の可能性を絞り込んでるんだよ。

22まで延長しておいて可能性は無限大だとか勘違いしてるのか?

さらに30になっても40になっても方向転換の可能性は誰にでも残されている。ただしあらゆる職に就けるわけではなく本人の能力や経歴に応じてな。
18でも22でも30でも「子役になりたい」とか、「野球選手になりたい」なんてのは年齢的にも体力的にも無理。
ただ、18でも22でも30でも「弁護士資格の資格にチャレンジしたい」「医師免許を取りたい」などは可能性はまだある。

22で道を1本に絞り込むわけじゃない。

可能性を少し狭めるだけ。それは歳をとれば仕方がないこと。
ただしいつでも方向を変えることは誰にでもできる。

18で可能性を絞り込んだヤツも大勢いる。

22で人生を決めるのがおかしいって?
まず22で道が1つに絞られるというような前提が完全に間違っているし、歳を重ねれば進める可能性のある道が若干減ることも全くおかしくない。


このデモの関係者は幼稚すぎるよ。
自作自演も多分にありそうですが、どの投稿も本当に甘ちゃんなものばかりですね。類友ってやつでしょうか。だから就活がめんどくさいならやらなきゃいいでしょう。周りばっか気にして、やらなきゃならない雰囲気が嫌だからどうにかしろって駄々っ子して…二十歳越えた大人が情けない。

あと1週間ですけど大丈夫ですか?警察への届けはだしましたか?ルートの発表は?チラシは刷りました?どこに置きました?
こんな気持ち悪い自慰ばかりやるより、もっと他にやる事があると思うんですけど。

本当に、やるのは別に構わないけど、社会の迷惑になるような馬鹿騒ぎはやめてもらいたいんです。
就活は嘘つき合戦
「社会的信用が欲しい」「安定と地位が欲しい」そんな下品な欲望や下心を悟られないように胸の奥にしまいこみ、相手がお気に召す志望動機を徹底的にリサーチしていかに上手にプレゼンするかが求めらるのよ。
そいうった一連の駆け引き対して良心の呵責に苦しむようなら就活などやめた方が良い。仮に運よく内定できても今度は仕事で潰れる。
もう一度言う、下品な欲望や下心を胸にしまい良心をかなぐり捨てて戦え。見事内定を勝ち取ったらmixiなりみん就なりでそれまで溜め込んでいた欲望を吐き出し好きなだけ自慢しろ。
人間は毎日、本音隠したり大なり小なり嘘言いながら生きてるんだがな。
自覚ないんだろうな。
本心ばっかり言ってたら、人間関係破綻するわ。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

「就活ぶっこわせデモ」実行委員会 (就活デモ@東京)

Author:「就活ぶっこわせデモ」実行委員会 (就活デモ@東京)
 こちらは2011年「就活ぶっこわせデモ」のブログです。私たちは2011年11月23日(水・祝)、勤労感謝の日に「就活ぶっこわせデモ」を実施致しました。当日はたくさんの方々にご参加頂き誠にありがとうございました。実行委員一同より厚く御礼申し上げます。
 このデモを通じてより多くの方々に就活を巡る問題について考え議論する機会、あるいは就活に疑問を持つ方々が改めて自分の意見を主張する場を提供できたのであれば、それだけでもこのデモを行った価値はあったものと私たち実行委員は考えております。

 さて、2011年市井の皆様を度々お騒がせしてきた「就活ぶっこわせデモ」ですが、2012年1月18日の対談イベントを最後の活動とし、我々就活ぶっこわせデモ実行委員はひとまず解散致します。ご協力下さった関係者各位の皆様方には、この場を借りて厚くお礼申しあげます。本当にありがとうございました。
 今後就活問題に関する活動は「就活生組合」がその任を担っていく予定でございます。よって今後の活動ついてのご質問、及び取材依頼等のお問い合わせは、「就活生組合」方にお願い致します。


就活生組合

http://www.shukatsu-union.org/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
Twitterの更新
「就活ぶっこわせデモ」のTwitterです。
どんどんつぶやいていきます。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。