ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  実行委員一人一人の主張  »  日本には哲学が足りない!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本には哲学が足りない!!

哲学科の者です。

私は、学問(特に哲学)が軽視されている日本社会の現状に不満を持っています。


「我日本古より今に至る迄哲学無し」
「哲学無き人民は、何事を為すも深遠の意無くして、浅薄を免れず」
「総ての病根此に在り」

100年ほど前、中江兆民がこう言いました。

日本に哲学無し。
この言葉、今の日本にも当て嵌まるのではないでしょうか?



例えば、私が「哲学専攻してます」と自己紹介すると、
「哲学??難しそうだねー」
といった反応をされ、それ以上話が膨らまないのがふつうです。
みんな、哲学なんて、あんまり興味ないのです。


今まで日本は実学を重視してきました。
豊か?に生活してこれたのもそのためかも知れません。

しかし、哲学(倫理学)をもっと重視する国だったら
企業にも、一般市民にも哲学が行き渡って、

原発事故はなかったかも知れない。
水俣病はなかったかも知れない。
労働法を守らない企業や、過労死も少かったかも知れない。

と思うんですが、気のせいでしょうか。


新卒一括採用は、学問を軽視し、また阻害するシステムです。
平日に選考があれば授業やゼミを休むことを余儀なくされ、
卒論を書き終える前に内定が出る(つまり卒論が評価されない)のです。
大学は合理的な企業的価値観で溢れています。
皆就活を意識しており、ゆっくり哲学するような場所ではなくなっています。

ここには
大学<企業社会
というこの国の価値観があるわけですが

少なくとも
大学=企業社会
という力関係がなくてはならないのではないか!


私の要求は、
・新卒採用枠を減らし、卒業後就活を一般的な選択肢とすること。
そして
・単位取得基準をもっと厳しくすること。

です。


引用元 『一年有半』中江兆民


by cbot
Comment
今までの記事よりはるかに読みやすい。
賛同できる所も多い。

ただ哲学云々の「たられば」話はよくないと思う。
言ったもん勝ちになっちゃうから。
学生としてはそうだよね、という感じ。
要求は賛成できない。
なぜなら全ての人が貴方のような方ではないから。
むしろ学問を優先したいなら卒業後すぐの就職は諦めなさい。
貴方が諦めれば貴方が座る予定だった席に他の人が座りますから。
例えばうちの大学なんだけど。
ひとつの学年の全学生の人数>ゼミの募集人員 になっていて、学年で半分くらいの人間はゼミに入ることができない。
そして、ゼミの中には「卒論も何かしら書けば単位にする。内容は関係ない。」という教授も少なくない。

今の大学は本当に学問に重きを置いていない。だから今の就活制度で然るべきという部分も多い。
企業だけでなく、大学内の抜本的な改革なしにこのシューカツ問題は解決しないと思う。
それらの要求は、学生がもっと哲学に専念できるようにということだろうが、たとえその要求が通ったとしても、学生が自主的に哲学をやるとは思えない。
せいぜい自分の専門科目に勉強時間を費やすのではないか。
あなたの要求とその後の展望とはつながっているようには思えない。

大学だけ変えても意味はほとんどないと思う。入ってくる学生は変わらないのだから。
それより先に、暗記でいい成績が取れてしまう中学・高校の勉強を変えるべきではないか。
多くの日本人が、中学・高校で考える力を養っていないために、大人になっても、考える学問=哲学を軽視し、哲学者が他の学者(科学者など)と比べて軽視されるのではないか。
「と思うんですが、気のせいでしょうか。」
「少なくとも
 大学=企業社会
 という力関係がなくてはならないのではないか!」


「思うんですが」だけでもデモ団体公式サイトに掲載される文章として不適切。内容も表現も。

小学生の作文レベル。
完全に妄言日記化してるな。
デモ団体の公式サイトなんだよなこれ?

卒論でも「思うんですが」なんて文章書いてるのか?


この国に必要なのは哲学じゃなくてゆとり脳の叩き直し。
それがとても良く分かる投稿。
学部別の就職率比較を見ると
医療、福祉、理工学等は比較的就職率良い、
人文、文学、哲学等は比較的就職率悪い。

そして、哲学を専攻している学生が「日本は哲学への興味が足りていない!」とデモ。


落ち着いて考えたらみっともないと思わないかい?

理工学部に入り直せばいいのに。
前半の「哲学が普及していたら〜」の内容自体には飛躍があり、あまり同意はできませんが、
要は自分の専攻する学問をしっかり修めたいということなのかなと。

後半の主張は簡潔で非常によくわかりました。

本来なら、先の団体としての要求項目と、このような個人の主張を合わせて、
各項目を具体化できればより生産的だったのかなあと思います。
あと5日しかない状況ではそれも微妙になってしまいましたが…。
つ西田幾多郎


 あなたが哲学をまともに勉強しなかったことだけはわかった。授業だってろくにでてなかったんでしょう?


 哲学科に入ったなら、それが商売の種になる学校の先生を目指すことを考えなかったのでしょうか。早稲田大学に入れば哲学科でも三菱商事に入れると思ったのでしょうか。
 好きこのんで麻雀をはじめてみて、終了間際でどう考えても逆転があり得ないから、麻雀のルールはおかしいから「ぶっこわせ」と言ってるみたいです。
大学で企業的価値から離れた学問をすることを否定するつもりはありません。ただ、卒業後就活というのが具体的にどういうことなのか考えてみてください。

大学を卒業してから、「世の中にはどんな業種があるんだろう。自分には何が向いているんだろう。」と考え始めるのですか?キャリア・センターの力を借りることもできず、大学の友人と情報交換する機会も減るでしょう。そのような環境で、納得のいく就職ができるでしょうか?

また、「無職」という肩身の狭い立場で就職活動をするのは、経済的にも精神的にも大変だろうと思います。途中で挫折しても、もう大学は守ってくれません。学部の4年間分しか仕送りはできないという家庭も多いでしょう。

そこで私が言いたいのは、ゆっくりと非実学を学べる環境を求めるのは結構ですが、それと同時に、もっと早くからキャリアを意識させる教育を行うことも求めるべきなのではないか、ということです。非実学とキャリア教育は矛盾するものではありません。最低限の衣食住が満たされなければ哲学もできません。

ご自分の哲学的関心"も"深められ、仮に企業への就職を希望されるのなら、よい就職"も"できることを願っています。
どうも、このブログの投稿者の多くは、安易に「敵」を設定し過ぎだと思います。


理解!
ツッコミどころは多いですが、はじめて理解できる記事(意見)を読むことができました。

少しまともな感覚な方がでてきてくれて嬉しいです。ありがとうございます。

日本に哲学もしくは宗教のように"絶対的に信じられる何か"がないのは問題だと思います。 
原発事故がなくなったのではないか?っていう意見には同意します。(震災が東電の想定を大幅に超えたものだったと思うので、一概に哲学と結びつける問題ではないと思いますが。それより事故発生後の対応の方が問題ですね)
ともあれ、自殺者の増加やいろんな社会問題って哲学や宗教的な思想が希薄だからです、ということについて、同意いたします。


しかし、就活とはちょっと話がずれているかなとも。日本の教育の問題でこの話ならわかるのですが。 

大学でゆっくり哲学しなくてもいいんじゃないかな?っていう疑問が浮かびあがりますし。高校生でも、社会人でもいつでも勉強ははじめられますし。就活で時間がないからゆっくり勉強できないっていうのはちょっと賛同できません。


大学の勉強でいうと、
私はアメリカの大学に約1年いたのですが、大学院生や教授がすごくいきいき勉強や研究に励んでいました。あの姿は羨ましかったです。
就活によってそういう部分は蝕まれているかもしれません。

実は、私は新卒一括採用は今のままでよいと思っているのですが(たくさんの素晴らしい同期にめぐり合えたので)、就活が完璧でないことも理解してますので、頑張ってください。












意味の分かる文章書けるだけで褒められてるよ!
よかったね!
↑↑
宗教を絶対的に信じられる何かとか言ってるお前は、今すぐアメリカにGo Back!
そして、Criationist として永遠に神の創造物のままで居て下さって結構です^^


で、記事の内容についてだが、お前、哲学本当に勉強してるの?
何が哲学で、何が哲学じゃないかなんて話は、哲学をやってる人間ならまずしないだろ。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

「就活ぶっこわせデモ」実行委員会 (就活デモ@東京)

Author:「就活ぶっこわせデモ」実行委員会 (就活デモ@東京)
 こちらは2011年「就活ぶっこわせデモ」のブログです。私たちは2011年11月23日(水・祝)、勤労感謝の日に「就活ぶっこわせデモ」を実施致しました。当日はたくさんの方々にご参加頂き誠にありがとうございました。実行委員一同より厚く御礼申し上げます。
 このデモを通じてより多くの方々に就活を巡る問題について考え議論する機会、あるいは就活に疑問を持つ方々が改めて自分の意見を主張する場を提供できたのであれば、それだけでもこのデモを行った価値はあったものと私たち実行委員は考えております。

 さて、2011年市井の皆様を度々お騒がせしてきた「就活ぶっこわせデモ」ですが、2012年1月18日の対談イベントを最後の活動とし、我々就活ぶっこわせデモ実行委員はひとまず解散致します。ご協力下さった関係者各位の皆様方には、この場を借りて厚くお礼申しあげます。本当にありがとうございました。
 今後就活問題に関する活動は「就活生組合」がその任を担っていく予定でございます。よって今後の活動ついてのご質問、及び取材依頼等のお問い合わせは、「就活生組合」方にお願い致します。


就活生組合

http://www.shukatsu-union.org/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
Twitterの更新
「就活ぶっこわせデモ」のTwitterです。
どんどんつぶやいていきます。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。